方向音痴 道の覚え方

スポンサーリンク

道の覚え方を教えます♪

方向音痴の人がもっとも苦手としているのが道の覚え方でしょう。地図の見方を覚えることも大切ですが、記憶力や空間認識能力を鍛えることも重要です。

 

また、方向音痴の人は注意力が散漫になっている場合が多くあります。周りの景色をすべて把握しようとせず、目に付いた一つのものに集中することが大切です。

 

方向音痴でも少し見方を変えれば簡単に道を覚えられます。コツをつかむためには慣れが必要ですが、少しずつ積み重ねて克服してしまいましょう。

 

まず目的地まで向かうときに目印となるものを記憶することが大切です。方向音痴の人は動いているものを目印にするクセがあります。一度下見に来ても道を覚えていないのはこれが原因です。コンビニやガソリンスタンド、飲食店などを目印とするようにしましょう。

 

車を運転する場合は目印とともに信号機を頼りにするのがおすすめです。交差点には必ずと言っていいほど信号機があります。

 

そして少し狭い路地に入ると途端に方向を見失いがちです。郊外を走る場合でも県道や国道を頼りにし、道路標識やお店を目印に目的地へ向かいましょう。

 

大都市の駅や地下街など、大きな施設を利用する場合は、必ず同じ出入り口を利用するようにしましょう。都市部の駅は非常に入り組んでいるため、普通の人でも迷いがちです。

 

まず降り立ったら出口名と近くにあるお店・看板を確認します。少し遠回りになりますが、帰りは駅の周辺を右手または左手づたいにぐるっと周れば、最初に利用した出入り口が見つかります。

スポンサーリンク