方向音痴 空間認識能力

スポンサーリンク

方向音痴と空間認識能力の関係

方向音痴の人に共通していることが空間認識能力の衰えです。道に迷いにくい人と迷いやすい人の違いは、この空間認識能力の差にあると言うことができます。

 

方向音痴にもいくつか種類があります。一般的に多いのは、今までに行ったことがない場所で迷ってしまうことです。知らない街に降り立たった瞬間、目的地までたどり着くのが困難にしまいます。なぜならその場の空間を認識できてないことが原因になっているからです。

 

空間認識能力は空間把握能力という言い方もされるもので、主に現在いる場所、向いている方角、大まかな目的地の位置を理解する能力です。

 

普通の人でも瞬時に判断することは難しいのですが、周りの景色や今までの記憶から少しずつ認識していきます。しかし、空間認識能力が衰えていると、これらがいつまでたっても判断できないのです。目的地の場所はおろか、今自分がいる場所も見失ってしまいます。

 

感覚がぼんやりしたまま目的地へ向かおうとするため、迷ったり違う方向へ歩いてしまいます。空間を立体ではなく、自分の周囲だけの平面で判断していることも原因です。

 

もし知らない場所へ向かって自分の位置がわからなくなったら焦らず、周囲の景色を見渡してみましょう。車を運転中も周囲の景色を確かめ、目印になりそうなお店や看板を見つけます。

 

その後方角を確かめ、自分の大まかな現在位置を確認します。間違っていると思ったら、いったん戻る判断をすることも必要でしょう。

 

空間認識能力そのものを鍛えることもできますので、日頃からトレーニングしておくのもおすすめです。

スポンサーリンク