方向音痴 原因

スポンサーリンク

方向音痴になる理由

何度も同じ道を通ったり、うろうろ迷ってしまうのが方向音痴です。

 

記憶や地図を頼りにしながら正しい道順で目的地までたどり着くには、方向感覚や認識能力、記憶力が必要になります。

 

たとえば同じ道順で目的地まで向かうとしても、Aさんはすぐたどり着けたのに、Bさんは何度も同じ場所をぐるぐる迷ってしまうことがあります。

 

方向音痴になってしまう人の多くはこれらが鍛えられておらず、道をすぐ覚える人より劣っているのが原因とされています。BさんはAさんより方向感覚が鈍いことで迷ってしまうのです。

 

私たちが道を覚えるときには正しい方角を認識し、地図を記憶して目的地に行くまでの経路を頭で考えます。人により覚え方がさまざまありますが、一般的に目印となる看板やお店、交差点名を頼りに目的地へと向かいます。これが正しい感覚を持っている人です。

 

しかし、方向音痴の人は方角を認識せず、地図をあいまいなまま記憶してしまいます。いざ向かおうとすると目印を見落としてしまって迷うのです。

 

一度迷うと現在位置と方向をちゃんと確かめず、カンを頼りに目的地へ向かおうとします。その結果、逆方向へ歩いたり同じ場所を迷っていることが多くなるのです。

 

方向音痴は地図と正しい方角を確認することで治すことができます。まず地図を見るときは北の方角をチェックします。

 

次に経路をゆっくり確認し、頭の中で歩いている自分の姿をイメージします。途中にあるお店や目印を確認し、どの方角に進めばよいか確認しましょう。

スポンサーリンク