方向音痴 対策

スポンサーリンク

1人で行動する時の方向音痴対策

方向音痴の人は、たまにデートや大事な約束の時間に遅れてしまうことがあります。

 

自分ではわかっていても、グルグル同じところを周り続けた結果、迷ってしまっているのです。これが会社の面接などの予定が入っているときだったら後が大変です。

 

知らない場所で迷ったときのために、あらかじめ対策しておくようにしましょう。いくつかポイントを絞って対策を取っておけば、迷って時間に遅れることも少なくなります。大事な約束があるとき、旅行先などで迷ったときにも使えます。

 

まず目的地へ行く前に予習しておきましょう。地図を見ておおまかに目的地までの道順を確認しておきます。地図アプリを利用すればすぐに確認できますので、必要なら何度も見るようにしましょう。

 

現地に着いたら周囲の景色を把握します。このとき目印になるお店やビル、施設を必ず見つけておきます。人の流れで場所を判断したり、止まっている車を目印としないようにしましょう。基本的に動くものは目印に不向きです。

 

交差点など曲がるポイントに来たときも目印になるものを確認します。曲がる方向にある看板やお店がおすすめです。しっかり集中して見ておきましょう。

 

地図の確認と目印を見つけておけば迷うことも少なくなります。しかし、もし迷ってしまったら人に聞くことも大切です。

 

特に初めていく場所や1人旅の時などは、誰かに道を尋ねることが一番重要になります。それでもわからない場合はタクシーを使い、目的地まで連れて行ってもらいましょう。

スポンサーリンク